アスリートの間で積極的に摂られているアルギニン

最近、筋肉増強や脂肪燃焼の効果がみられるとしてアルギニンという成分に注目が集まっています。

このアルギニンは肝臓内で他のアミノ酸から代謝されて作りだされるため、通常は外部から摂取する必要のない成分と言われています。

しかし、傷の修復時や病原菌の感染時、ストレスの溜まる環境では十分なアルギニンを摂取する必要があるので条件付必須アミノ酸と言われています。

そして、細胞増殖の促進、つまり体の細胞を作りだす働きがあるとされ、精液の生成に欠かせない成分とも言われています。

それはアルギニン自体が精子と同じ匂いがすると言われているほどです。

体組織中でのアルギニンの働きについては、成長ホルモンの分泌、細胞増殖の促進、抗酸化作用、免疫力の向上、肝機能の向上、胃粘膜の保護、血管の保護と血管の拡張、血液の改善などが挙げられてます。

そのため、このような働きが注目されるようになり、アルギニンをサプリメントなどで摂ることによる効果に注目が集まっています。

特に精力の増進効果、性機能の改善校に関しても注目されている効果になっています。

このアルギニンが不足することで、老化の進行や生活習慣病、感染症などの病気への抵抗力が弱まってしまいます。

また、精液の量が減ったり、男性機能の低下も見られることも分かっています。

アルギニンが精力に良い理由を知りたければこちらをご覧ください。